faonアクセサリーのこだわり

faonアクセサリーのこだわりの一つに、裏面のお仕立てがあります。

実は表面のビーズやスパンコール刺繍よりも時間が、手間がかかっているのです。

乾燥させる時間もありますが、裏面のピンには様々なアメリカビンテージパーツを

使用しているので、その作業が案外大変なんです。

表面のイメージに合わせたパーツを探して

レイアウトを考え、印を付け、

その印に沿ってピンやフェルト、時にはパーツにも穴をあけ、

最終的にリベットを使って裏面にしっかりと固定させます。

裏面のみを単独で作り上げるのです。

そして、出来上がった裏面と表面(刺繍を施したモノ)を合わせて

微修正(プレスやカット)をかけ、出来上がりです。


脇役の裏面ですが、手間ひまかけて仕上げてるので、たまには見てやって下さいませ!

faon 大阪市中央区 オートクチュール刺繍教室 レッスン アクセサリー 少人数 個人レッスン

オートクチュール刺繍を使ったアクセサリー教室です。フランス針で刺繍するマントゥーズ法から、クロッシェというかぎ針を使っリュネビル刺繍まで、フランスの伝統的な技法を学びながらブローチやイヤリングなどのアクセサリーを製作します。 仕立て映えするアクセサリー製作のコツを学んで頂ける教室です。

0コメント

  • 1000 / 1000