ブローチの付け方

オートクチュール刺繍のレッスンでは良くブローチを作ります。

『ブローチってどんな風につけたら良いんですか?』と良く聞かれるので

ブローチコーデをちょっとご披露しましょう。

1、小ぶり(縦横3.5cぐらい)のプチブローチ

アウターの衿にも良くつけたりしますが、これからの季節はブラウスにピッタリです。

また、小ぶりのブローチは柄物のお洋服にもつけやすいです。

左胸の上ぐらいにつけ、プチネックレスとコーディネートしてはいかがでしょう。

2、大きめのブローチ(4.5cぐらい)

大きめのブローチはボリュームがあるので、よりお顔に近づけるような感じで

お洋服のネックラインに沿うような感じでつけたりします。

特にパールを使ったような白っぽいブローチは、お顔写りが良くなります。(レフ板効果)

3、ブローチ重ね付け

シンプルなブラウスにはブローチ重ね付けも素敵です。

下の写真はお花がお話ししてるような感じで、2つのブローチにストーリーがあります。

星と月、花とちょうちょなど関連性のあるモノを同系色でまとめると

統一感が出来てうるさくなりません!

是非お試し下さいませ。

faon 大阪市中央区 オートクチュール刺繍教室 レッスン アクセサリー 少人数 個人レッスン

オートクチュール刺繍を使ったアクセサリー教室です。フランス針で刺繍するマントゥーズ法から、クロッシェというかぎ針を使っリュネビル刺繍まで、フランスの伝統的な技法を学びながらブローチやイヤリングなどのアクセサリーを製作します。 仕立て映えするアクセサリー製作のコツを学んで頂ける教室です。

0コメント

  • 1000 / 1000