お仕立て‥‥刺繍枠からハズして

刺繍枠からハズしてお仕立て中です。

ここからの工程がいつも緊張します。時間も労力もかかるし、商品の完成度を左右する大切な作業です。

まず仕立て映えの為に中敷や土台を入れます。

ブローチなどは中心に膨らみを持たせる為、またスパンコールや極小ビーズの繊細なイヤリングは手持ち感が無いので、土台がわりに中敷を入れます。

そして乾燥です。(1日ぐらい乾燥させます)

その間に裏面を作成します。

裏面に使用するレザーやフェルトをカタチ通りにハサミでカッティングし、

(色んなカタチがあるのでカッティング作業はいつも一苦労です)

使用する真鍮パーツを選びます。

真鍮パーツと表面のデザインを見比べながら、レイアウトを考えます。

レイアウトが決まったら印を付け、リベットを使ってハンドプレスします。

これで裏面完成。

あとは裏面と表面を合わせて、微修正して完成です。


刺繍枠からハズしてもまだまだ道のりは長い‥。

faon 大阪市中央区 オートクチュール刺繍教室 レッスン アクセサリー 少人数 個人レッスン

オートクチュール刺繍を使ったアクセサリー教室です。フランス針で刺繍するマントゥーズ法から、クロッシェというかぎ針を使っリュネビル刺繍まで、フランスの伝統的な技法を学びながらブローチやイヤリングなどのアクセサリーを製作します。 仕立て映えするアクセサリー製作のコツを学んで頂ける教室です。

0コメント

  • 1000 / 1000