オートクチュール刺繍の裏面‥

案外皆さん知らないオートクチュール刺繍の裏面、綺麗なんですよ!

オートクチュールというだけあって、裏面の糸始末を丁寧に綺麗にするのが大切です。

(ブラウスやワンピースに刺繍をした時など、皮膚に触れることもありますしね)

また細かいビーズやスパンコールを材料とするので、取れにくい落ちにくい工夫を随所に施します。


このあと、裏面にアラビア糊や木工用ボンドなどを薄く塗り(固めます)、乾燥させてお仕立てに入ります。

刺繍が終わったと思っても完成までの工程は多く、道のりはまだまだ長いです‥


因みにこれは追加生産のfaonブローチ『エマ』です。

華やかさはありませんが地味に細かい作業が続く、作り手泣かせの商品です。


お知らせですが今までレッスン日は第3水曜日、土曜日でしたが、第1水曜日もレッスン日になりました。

ご都合があえば、是非ご参加下さいませ。


裏面

表面

faon 大阪市中央区 オートクチュール刺繍教室 レッスン アクセサリー 少人数 個人レッスン

オートクチュール刺繍を使ったアクセサリー教室です。フランス針で刺繍するマントゥーズ法から、クロッシェというかぎ針を使っリュネビル刺繍まで、フランスの伝統的な技法を学びながらブローチやイヤリングなどのアクセサリーを製作します。 仕立て映えするアクセサリー製作のコツを学んで頂ける教室です。

0コメント

  • 1000 / 1000